東京みなと会計事務所代表の寺村航によるブログ兼ホームページです

Minato blog

仕事について

会計士が本の執筆をするということ【仕事はお金だけではない】

投稿日:

本を執筆するということは非常に大変です。

いわゆる「コスパが悪い」仕事です。

それでもなぜ私は執筆をするのかを綴ります。

執筆作業は大変 時給500円の世界

まず、執筆の何がそんなに大変かというと、時間が非常にかかる作業です。

もちろん、これは人によるところではありますが、作家でもライターでもない、普通の男性社会人が生産できる文字数は、

せいぜい1時間で1,000~1,500文字くらいでしょう。

それに加えて、執筆するには、そのための調査・研究や文章の構成が必要になります。

ずーっとPCのキーボードを打っていればいいことではありません。最初の1字を打つまでに、何十時間の構想があるのです。

私の場合は、会計の専門書なので、新書のような軽い文章ではなくて、結構固い文章(つまり話しことばではなくて、論文のような)を

求められるので、さらに難易度が上がり、生産スピードが遅くなります。

いろいろ考慮すると、1時間あたり500字以下でしょうね。

いま私が執筆中の連結会計本は、約12万~15万字+図表50以上ですから、軽く見積もっても400時間はかかるでしょう。

(最後に実績を集計してみないと正確にはわかりませんが)

その見返りとなる報酬というと、本の値段の7~10%で、印刷された本の文だけ著作者に入ります。

会計の本は、一般の本よりも発行部数が少ないので1,000部売れれば普通だそうです。

さて、これで報酬を計算してみますと、

本の値段(3,000円の予定)× 7% × 1,000部 = 210,000円

210,000円を400時間で割ると、約500円ほどの時給となります。

東京都の最低賃金の半分です。

はっきりいって、「割に合わない」ですね。

じゃあ、なんで執筆するのか?

かっこよく言うと、使命感です。

私が執筆している本は、会計基準の解説や会計入門書ではなく、現場で使える連結実務の本です。

つまり、私の本を読んでくれた方が、これを経理の業務に活かしてもらうことを目的としています。

連結決算のコンサルティングは、今も私のメインサービスではありますが、提供できる会社数に限界があります。

でも、本だったら、何百人、何千人に届けることが可能です。

コンサルティングよりも情報の質はどうしても落ちますが、それでも何かしらの気づきを得てもらえると思っています。

経理現場、とくに連結決算の課題を解決することは、私の会計士としてのミッションです。

それが果たせるのであれば、お金は二の次ということです。

マズローの欲求5段階説という有名な理論があります。

詳しくは割愛しますが、要は人間としての最低限の欲求(生活や人間関係)が満たさせれていくと、

より上位の欲求として「自己実現」「他人への貢献」が生まれてくるというものです。

確かに、「お金は二の次」なんて、10年前の私では発想できなかったでしょうね。

とにかく、いまは自分の使命感に従って、今日も粛々と執筆を続ける日々であります。

 

検索

-仕事について

Copyright© Minato blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.